AIによるSEMなどの自動広告運用がもたらす恩恵と、その懸念点

AIを広告運用に使えないか、と考える会社や人はそこそこに増えてきているとは思いますが、現実的に導入を進めたり開発を進めたりしている企業はそこまで多くないように感じます。 つい先日、線画を着色してくれるWebサービス“Pa […]

きょうの無料漫画【リヴィングストン】(2017年1月24日時点)

電子書籍の販売手法として、1巻だけは無料にして続きを購入してもらうという施策があります。無料のゲームアプリと同じような感じで、何はともあれまずやってもらう。その後継続するかどうかはユーザー次第。というような施策ですね。た […]

クリックすらされない漫画広告では意味がない【「善悪の屑」の広告効果の凄さ】

少し前に「善悪の屑」という漫画が、漫画広告界隈を賑わせました。この漫画は”犯罪被害者の復習”を題材としており、おそらくモデルとなったであろう実際の事件があり、それらの被害者が駆け込み寺として、主人 […]

「無料公開」によって市場が崩壊する理由を解説したイラストが話題【ヘッドラインニュース】

漫画広告プロデューサーとしても、かなり痛感するニュース。 無料でなにもかもができるわけでは決してないんだけど、是が非でも無料にしようとする人たちがどこかに一定数いて、そういった方々に対しては本当に憤りを隠せません。 良い […]

少年漫画のバナー広告が効果悪いのは、ターゲットユーザーがおじさんだから(仮)

少年漫画のバナー広告はあまり効果が良くありません。 もっと言うと、広告効果としては総じて悪いので、広告配信に使うためのタイトルを選ぶ時点で除外しています。その理由について、あくまで個人的な見解ではありますが漫画広告を多数 […]

Glossom、インフルエンサー活用プロモーションの新サービス「Kalie.」を発表

このところ、続々とインフルエンサーを活用するプロモーションがリリースされています。 新しいプロモーションの定番となるのでしょうか。見ものですね。 グリー子会社のGlossom、インフルエンサー活用プロモーションを提供する […]

【漫画のCriteo広告は効果が悪いと思う話】漫画広告プロデューサーの見解

さて、漫画バナー広告に関して言及させていただくコーナー、「漫画広告プロデューサーの見解」シリーズですが、今回はサンプルの広告はありません。 タイトル通り、漫画のCriteo広告について、順を追って言及させていただきます。 […]

【暇そうで暇じゃない、少し暇な時に読んでおいた方がいいニュースまとめ】韋駄天ヘッドラインニュース 2017年1月11日 | 夕刊

サイバー アベマTV、早くも曲がり角  :日本経済新聞 俺がマンガランキングを作らない理由 – かくいう私も青二才でね キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」 | NHKニュース 長澤まさみ、「キ […]

【読んだようで読んでない、少し読んでおいた方がいいニュース】韋駄天ヘッドラインニュース 2017年1月10日 | 夕刊

【天皇陛下の譲位】新元号は平成31年元日から 皇室会議を経て閣議決定へ 法案提出は今年5月連休明け(1/2ページ) – 産経ニュース (修正)婚活パーティーに数合わせで行く→男性年収がシールで分かる闇の決闘場 […]