TwitterとDMP連携でできること

これは飛び道具的な機能になるかも知れません。

「Twitterテイラードオーディエンス」が国内DMPパートナー経由で利用可能に

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/spv/1611/28/news086.html

ついこの前までTwitter社の買収についてニュースが飛び交っていましたが、「ネットいじめの温床」になっているイメージが強い、などの理由で買収先が決まらないという事態に。そのため、どうにか自力で広告以外のマネタイズも試行錯誤していく必要があるわけですね。
一部ユーザーからは「広告削除できるなら課金する」といった声も上がっているようですが、Twitterにとって一定の利益を上げられるほどの課金ユーザーがいるのかどうかは、やや懐疑的です。例えばTwitterが月額300円などの課金制になったとしたら、少なくとも筆者はTwitterの利用をやめる気がします。
さて、Twitterが国内DMP企業と連携するというニュースがつい先日ありました。
企業としては、下記です。
▼国内DMPパートナー(五十音順)

インティメート・マージャー

Supership

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

電通

博報堂DYメディアパートナーズ

博報堂DYデジタル

BI.Garage

RightSegment
まずはクローズドで、各DMPパートナーが蓄積しているユーザーデータとTwitterユーザーの名寄せ済みリストを、テーラードオーディエンスとして使用できるというものです。

とっても画期的ですね。

やっとTwitterが本気を出してきたな、という感じがします。

例えば、BI.Garageはデジタルガレージ傘下のDMP企業です。デジタルガレージが運営しているメディアといえば、価格.comや食べログです。

同様に、RightSegmentはサイバーエージェント傘下のDMP企業です。サイバーエージェントが運営しているアメブロやAWA、abemaTVなどです。

また、SupershipはKDDI傘下の企業です。
これらの企業のユーザーデータと、Twitterユーザーの名寄せ済みテーラードオーディエンスとなれば、広告効果としてはなかなかに期待できます。
逆に、こういったデータ活用をしても良い広告効果にならなかった場合は、広告媒体としての存続が危うい気がします。

とはいえ、連携できる企業はたくさんあると思いますので今後の動きに期待したいと思います。

投稿者: kawara

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です