「逃げるは恥だが役に立つ」原作が完結

今年のドラマの中でもかなり話題になっているのが「逃げ恥」こと、「逃げるは恥だが役に立つ」ですね。同作は“就職としての結婚”をテーマに、雇用関係として契約結婚をしたみくりと平匡を描くラブコメディで、現在放送中のテレビドラマでは、平匡役を星野源、みくり役を新垣結衣が演じています。

先日、11月25日発売のKiss1月号に掲載された第42話では、みくりの叔母であり親友でもある、アラフィフのキャリアウーマン・百合ちゃんと津崎の後輩のイケメン・風見の仲に新展開が。みくりと平匡の生活や、百合ちゃんと風見の関係の行方はどんな結末を迎えるのか。

ドラマ放映中に原作のマンガが最終回を迎える、となれば原作もきっと売れる事でしょう。とても良い戦略な気がします。

パピレスが運営する電子書籍サイトで「Renta!」というサイトがありますが、そこでも逃げ恥のバナー広告を何パターンか見かけますので、おそらく獲得効率が良いのではないでしょうか。
ドラマも原作も大人気の逃げ恥ですが、次の作品にも期待ですね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です